大阪府で家族信託の相談先としておすすめの司法書士事務所を厳選しました。

すずらん司法書士事務所の口コミや評判

公開日:2021/09/01  最終更新日:2022/06/14

【詳細】
屋号名:家族信託コンシェルジュ
事務所名:すずらん司法書士事務所

住所:〒540-0039 大阪市中央区東高麗橋2-1ルート中之島ビル4階
TEL:06-6940-4960
受付時間:10:00~18:00
休業日:土・日・祝日(ご予約頂いた方は対応可能)

家族信託という法律で、高齢化社会や認知症から依頼者を守ろうというのは「家族信託コンシェルジュ」。「知は人生の力なり!」をモットーにする、家族信託専門の司法書士です。特徴は女性らしい細やかさや思いやり、親しみやすさが感じられるところ。これらはHPからも伝わってくるのですが、特徴をもう少しくわしく見ていきましょう。

家族信託コンシェルジュの特徴

「家族信託コンシェルジュ」の特徴は以下にあげた3項目、司法書士事務所としてありがちな、堅苦しさのないものとなっています。

あなたが背負っている荷物を軽くします

たとえば、「認知症になってしまったらどうしよう」こんな心配事を抱えている方の力になってくれるのが、家族信託コンシェルジュです。家族信託に通じている代表・阿部理恵氏が、法律知識を駆使して重荷を取り除いてくれます

また「相続した不動産の登記がまだ」という方も大丈夫。間もなく始まる義務化を前に、家族信託コンシェルジュが相談に乗ってくれるでしょう。

あなたを全力で受け止めます!

過去に司法書士でイヤな思いをした方も、家族信託コンシェルジュを利用してみてください。代表の阿部氏は、数々の職種や主婦・母親業、ボランティアを経験した結果、司法書士を目指し合格を勝ち取ったという人物。さまざまな悩み事を抱えた方々に、寄り添うことができると評判です。ぜひ悩みを打ち明けてみてください。

勉強会「司法書士とあそぼ!」を開催中

毎月1回日曜日、心斎橋のカフェで勉強会を開催しています。とはいえ、肩肘張ったものではありません。「ゆるさ」を自認しているうえ「司法書士さんに相談したいけれど、何だかハードルが高い」と思っている方は、出かけてみるとよいでしょう。知らなければ損する耳寄りな話が聞けるほか、司法書士への気軽な相談も募集中です。

得意とすること

家族信託コンシェルジュは司法書士事務所のため、不動産の登記など基本的な業務はもちろんこなせます。しかし代表の阿部氏が得意としているのは、主に以下の3つの項目です。

認知症対策

認知症になってしまうと、その方の財産が凍結されてしまうのはご存じの通り。銀行口座からお金が引き出せなくなるうえ、誰も住んでいない家を売却することもできません。

従来は成年後見人に財産を管理してもらうのが一般的でしたが、思いどおりの人物を後見人にできなかったり、管理にお金がかかったりと、何かと不都合の多い仕組みでもありました。

しかし現在は、新しい制度である家族信託があるのです。家族信託コンシェルジュは持てる知識をフル活用して、相談者の希望にそった提案をしてくれるでしょう。

親なき後問題

お子さんが何らかの問題を抱えており、成人後の自立がおぼつかない場合、ご自身が先立たざるを得ないことを考えると、不安でたまらなくなることでしょう。

従来こんなケースで活用されていたのは遺言という制度。たとえば障がいのある子どもへの遺産を、兄弟・姉妹よりも手厚くするということができました。しかし、その後は成年後見人を立てる必要があったうえ、お子さんが亡くなった場合、遺産は国庫へ収めるケースが多かったのです。

しかし家族信託を利用することで、成年後見人を立てたり、遺産を国庫へ収めたりする必要がなくなります。とはいえ、家族信託の制度は万能ではありません。家族信託コンシェルジュなら、ケースごとにピッタリの解決策を考えてくれるでしょう。

相続対策

相続でのもめごとは、決して資産家だけのものではありません。必要になるのは事前の準備なのですが、不動産があって人数分に割ることができないなど、いろいろな問題に直面することでしょう。家族信託コンシェルジュは財産ごとに相続者を決める、現金化して分割するなど、もめごとが起こらないようさまざまなアイデアを提案してくれます。

認知症対策としてどんなことを提案しているのか

家族信託コンシェルジュは認知症対策として「成年後見人をつけること」「任意後見人を選んでおくこと」「家族信託契約を結ぶこと」を提案してくれます。

どれにもメリットがあるのですが「認知症対策」で見た、成年後見人の例のようにデメリットも多いもの。たとえば任意後見人の場合、監督人の任命は自由になるものの、やはり報酬が必要なのでメリットがあるのです。

中でもメリットの割にデメリットが少ないのが「家族信託契約を結ぶ」ことといえそうです。とはいえ認知症対策として、家族信託が必ずしもベストとはいえないケースも多々あります。家族信託コンシェルジュなら、それぞれのメリット・デメリットを説明したうえで、ベストの選択を提案してもらえるはずです。

 

家族信託コンシェルジュが事務所を構えるのは中央区・北浜。地下鉄の駅やICからほど近く、利用しやすくなっています。事務所が開いているのは、基本平日となっていますが、予約に応じて土・日・祝日も相談に乗ってくれます。また、「いきなり相談するのは……」という方におすすめなのが「司法書士とあそぼ!」。開催日や時間、場所はHPに告知されています。代表の阿部氏の人となりを知ることができるでしょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索

新着記事

将来の財産管理や遺産相続に関する不安を解消し、家族の将来を保護するために、家族信託契約の適切なタイミングは重要です。この記事では、家族信託契約を結ぶべきベストな時期やポイントについて解説しま
続きを読む
家族信託は、財産管理や相続対策として多くの家庭で利用されています。しかし、状況の変化により家族信託を途中で終了させたいと考えることもあるでしょう。この記事では、家族信託を途中で終了させるまで
続きを読む
家族信託は、信頼できる家族に財産管理を委ねることで、将来の不測の事態や財産承継をスムーズに行うための仕組みです。認知症のリスク対策から財産承継まで、幅広いニーズに応える家族信託の基本から注目
続きを読む